service診療内容

根管治療

根管治療とは

根管治療とは

健康な歯を出来るだけ維持するには、抜歯しなくて良い・神経を抜かなくても良い状態であることが必要です。詰め物や被せ物でいくら治療を施しても、根管に残った微細な細菌が後に重大な問題を引き起こすことが実際にあります。
肉眼では見逃してしまう歯の根に起こっている病変を発見し、正しく処置しておくことで自然な歯を長期間残せる可能性が高まります。

根管治療を重視する理由

  • 早期治療により神経を抜いたり、抜歯のリスクを抑えたいから。
  • 虫歯が神経に達すると強い痛みを伴い、根管治療が出来ないと問題解決にならないため。
  • 歯の根に細菌が残ったまま被せ物の治療などを施しても、その後根管にある神経が細菌に侵されてしまう可能性が高いため。
  • 土台となる歯の根を適切に治療しておけば、少しでも長く自分の歯で健康に暮らすことができるから。
  • 繊細な処置となる根管治療には拡大鏡やCT、細菌に対処する設備と治療技術が必要とされます。当院にはその態勢が整っており適切な処置が施せるため。

マイクロスコープによる根管治療

マイクロスコープ(Carl Zeiss社製)最大21倍率顕微鏡Carl Zeiss社

根管治療をおこなうには肉眼では確認しづらい神経の1本1本まで完全に消毒し、細菌を取り除く必要があります。
マイクロスコープを使うことで、安全かつ正確な治療が可能となり、治療後の仕上がりは美しく、精密で無駄がありません。

またマイクロスコープに搭載されているカメラにより、顕微鏡で拡大した治療箇所の画像を見ることが出来、患者様への治療内容説明がより正確におこなえます。

根管治療の大切さ

根管治療の大切さ

根管治療をせず放置していると…根管にある神経組織が細菌によって侵されてしまい、激しい痛みを伴うことも。
以下のような症状に進んでしまった場合は、より精密な治療が必要となり伴って通院回数が増えてしまいます。

  • 神経が死んでしまい膿がたまる歯根嚢胞(しこんのうほう)
  • 虫歯菌が神経に達し痛みや腫れを引き起こす歯髄炎
  • 神経が死んでしまった状態の根尖性歯周炎

早期治療では通常1~3回の治療で細菌を取り除く処置が完了しますが、上記のように進行してしまった場合は通院が3~5回、もしくはそれ以上となってきます。
死んでしまった神経から他の健康な歯へ細菌が感染することもあるため、早期チェックをお勧めします。

セレックシステム

インプラントについて知りたい方、入れ歯・ブリッジをお考えの方、一度お読みください。

詳しく見る

南大阪インプラント矯正センター

南大阪インプラント矯正センター
南大阪インプラント矯正センターには、河内長野市をはじめ、富田林市、大阪狭山市、堺市・泉北ニュータウン、羽曳野市、橋本市、和泉市からも多くの患者様が来院されます。

〒586-0025
大阪府河内長野市昭栄町8-5
0721-56-0028